動脈硬化に良いサプリといえば?おすすめはこれ!

動脈硬化にサプリが良い?!おすすめは?

食事療法で動脈硬化改善をする場合

 

 

食事療法で動脈硬化の治療をするのであれば、次のようなことに気をつけるようにしてください。

 

 1.腹八分目以上は食べない
 2.濃い味で食べない
 3.寝る2時間前に食べない
 4.まとめ食いをしない
 5.外食ではなく自炊をする
 6.毎日決まった時間に3食食べる

 

また動脈硬化の予防や改善をしたいのであれば、普段から和食を食べることも大切です。そして標準体重を超えないように食べ過ぎに気をつけてください。普段から摂取カロリーが多くなっているのであれば、少しずつでも一日のカロリーを250キロカロリーは減らすようにしましょう。

 

カロリー全体で見るならば、炭水化物は6割前後、脂肪は2割くらいに留めるようにするのが無難です。そして肉類の脂身や卵黄、乳製品もあまり食べないようにして、反対に大豆や魚などをしっかり食べることが大切です。

 

乳製品や肉の脂というのはトランス脂肪酸や飽和脂肪酸が多く含まれてしまっているため、コレステロールがたまりやすくなってしまい、動脈硬化を引き起こしてしまう危険性が高くなってしまいます。

 

反対に青魚であるイワシやサバなどを食べるようにして、不飽和脂肪酸をしっかり取り入れるようにしてください。そして調理油はココナッツ油やバターなどだと飽和脂肪酸を摂取しすぎてしまう可能性がありますので、植物性の油を使うようにしましょう。植物性の油も不飽和脂肪酸が含まれているので、動脈硬化にいいといわれています。

 

動脈硬化が原因の病気

 

動脈硬化になってしまったとしても、自覚症状が現れることがあまりないですので、症状に気づいて動脈硬化だと気づいた人はほとんどいないのではないでしょうか?この動脈硬化が心臓で生じてしまっていると、心筋梗塞や狭心症などになりやすくなります。

 

冠状動脈というのは、心臓に対して栄養素を送る役割を持っているのですが、この冠状動脈が動脈硬化になってしまうと、栄養素を一時的に送ることが出来なくなります。このせいで、胸に痛みを感じたり、息切れや動悸などのような狭心症になってしまうこともあります。

 

この冠状動脈の動脈硬化がひどくなってしまうと、血栓ができてしまって、心筋梗塞になってしまうということもあります。そして、脳の際動脈が動脈硬化になってしまって、血栓で血液が流れなくなってしまったら、脳梗塞になってしまいます。血栓で血が流れなくなるので、脳の細胞が栄養不足や酸欠になってしまって死亡してしまいます。これによって、正常に脳が機能しなくなってしまって、言語障害や半身不随などのような症状が出てしまうこともあるのです。脳の細い動脈が動脈硬化になってしまった場合、耳鳴りやめまいなどのような症状が出たり、短気になるといった症状が出ることも多いです。

 

動脈硬化になってプラークが出来た場合、動脈が膨らんで見えることもあることから、動脈瘤と呼ばれることもあります。腹部で出来ているのであれば、腹部大動脈瘤と呼ばれ、胸に出来ているのであれば、胸部大動脈瘤と呼ばれます。大動脈瘤が万が一破裂してしまった場合、大量の血液を出血してしまうことになるため、最悪死んでしまうこともあるのです。

 

そして、腎臓にも動脈が通っているのですが、この腎臓の動脈が動脈硬化になってしまった場合、尿毒症や腎不全などといった腎臓の病気を誘発してしまうこともあります。腎臓の機能が低下してしまうと、毒素を濾過させて尿を正常に作ることができなくなってしまいます。

 

これによって、老廃物や毒素が溜まってしまい、ほかの臓器にも甚大な悪影響を与えてしまうということもあるのです。腎不全や尿毒症になってしまった場合、腎臓の機能が働いていないということになりますから、人工透析をしなくては生きることが出来なくなってしまいます。

 

動脈硬化は危険な病気原因

 

動脈硬化というのは、決まった血管だけに引き起こされるというものではありません。体中のどの動脈で動脈硬化になってしまうか分からないのです。特に動脈硬化になりやすい部分として、冠動脈や下肢、能動脈、腹部大動脈、腎動脈、胸部大動脈が挙げられます。いずれの動脈にしても、動脈硬化になってしまったことによって合併症などを引き起こしてしまうこともあります。合併症の症状が出て、病院で調べてもらった結果、早期発見をすることが出来るということもあります。

 

例として挙げるならば、歩いているときに脚の指先やふくらはぎに痛みを感じた場合、下肢の動脈が動脈硬化になってしまっているということも少なくありませんまた、頻繁にめまいが起きてしまっているのであれば、動脈硬化によって脳の血液の循環がスムーズに行われなくなってしまっている可能性もあります。動脈硬化というのは、メンケルベルグ型動脈硬化と細動脈硬化粥状動脈硬化の3つに別れています。

 

特に粥状動脈硬化を発症する人が多くなっています。はっきりと動脈硬化の原因が分かっているわけではないのですが、糖尿病や高血圧などのような生活習慣病や脂質異常症などが原因になってしまって、動脈硬化の進行が早くなっていることは分かっています。

 

ですので、病院で糖尿病や高血圧と診断されたのであれば、生活習慣病の治療ももちろんしていかなくてはなりません。生活習慣病の治療をすることが、動脈硬化の悪化を防ぐことになるのです。糖尿病などと診断はされていないとしても、予備軍なのであれば、生活習慣病を引き起こしてしまう原因を取り除くようにすることで、生活習慣病予防をすることが出来るようになるだけではなく、動脈硬化予防をしていくことも可能になります。

 

しかし、動脈硬化と生活習慣病というのは、相互関係にあります。ですので、生活習慣病で動脈硬化になってしまうだけとは限らず、動脈硬化が生活習慣病の発端になってしまうこともあるということを忘れてはいけません。

 

また、糖尿病にしても高血圧にしても、動脈硬化の原因になってしまうことはありますが、動脈硬化の治療もちゃんとしなくては、糖尿病などの治療を下としても根本的な解決をすること派手k内のです。ですので、糖尿病などのような生活習慣病の治療をするだけではなく、同時進行で動脈硬化の治療もしていかなくてはならないということです。

 

糖尿病や高血圧などの治療では、血糖値を下げるための治療をしたり、血管を拡張するための薬剤を使用したりすることもあるのですが、薬物療法だけでは、一度動脈硬化によって硬くなってしまった動脈を健康な状態にするというのは困難です。動脈硬化は生活習慣が原因になってしまっていることも多いですので、薬物療法だけを行うのではなく、生活習慣を抜本的に改善させていく必要もあるといえるでしょう。

 

動脈硬化を予防していきたいのであれば、肥満にならないようにするために、塩分や動物性脂肪、飽和脂肪酸、アルコールなどを控えるようにすることも大切です。飽和脂肪酸は、EPAやDHAといった不飽和脂肪酸を摂取することで改善させていくことが出来ます。EPAやDHAは青魚に多く含まれているので、積極的に食べるようにした方が良いでしょう。

 

また、悪玉コレステロールによって動脈硬化になってしまうということも多いですので、悪玉コレステロールだけを取り除く作用があるといわれているオレイン酸も同時に、動脈硬化 サプリを摂取していくようにしましょう。このオレイン酸というのは、ナッツ類に多く含まれているのですが、オレイン酸はビタミンEと同時に摂取したほうが効果を高めやすいといわれています。ですので、オリーブオイルを調理に活用するといいでしょう。

 

食事で女性ホルモンを増やす

 

食事で女性ホルモンを増やす最近、若い年齢でも更年期のような症状が現れて、不快な思いをしている人が増えているようです。また、月経前症候群の症状が強く、1ヶ月を通して不快感があるという場合もあるようです。女性は、女性ホルモンの影響を大きく受けており、そのバランスを整えることが重要になります。

 

女性ホルモンに限らず、人間の体の中で生成されているホルモンは、それぞれのバランスを取りながら、体調や気分を整えています。しかし、現代はストレスや過労、不規則な生活、睡眠不足などが原因で、ホルモンが生成される量のバランスが悪くなってしまっているのです。

 

そのため、めまいや頭痛、イライラ、気分の落ち込み、不安感、焦燥感などの症状が現れている場合があります。このような場合は、年齢が若くでも、更年期障害の症状が現れやすくなるので、体の不調を一過性のものと、軽視するのではなく、自分の体の変化をしっかりと見つめることが大切なのです。

 

女性ホルモンは、生理不順や生理痛などの症状を強めるので、毎月の変化をよく確認しておきましょう。女性ホルモンのバランスを整えると、生理不順が改善され、体の調子もよくなる場合があります。女性ホルモンのバランスを整えることができる食材で、代表的なものは大豆です。

 

大豆には、大豆イソフラボンが含まれており、女性ホルモンのバランスを整えるのに効果的です。また、ポリフェノールも含まれているので、抗酸化作用が高く、体の活性酸素を排出する作用があります。大豆イソフラボンの摂取量は、1日およそ70mg程度としており、サプリメントでは30mg程度摂取するとよいようです。

 

また、大豆をそのまま食べてもよいですが、大豆を加工した納豆や豆腐、豆乳などで摂取すると毎日、効率よく摂取することができるでしょう。味噌やしょうゆなども大豆を原料にしているので、お味噌汁を毎食食べるようにするとよいでしょう。しかし、味噌やしょうゆは塩分が多く含まれているので、取り過ぎないようにしましょう。
参考サイト:http://xn--88j8dsl2a7b9b0848bfpbjv2a.jp/

更新履歴

メニュー